img_02

印鑑にもいろいろな種類のものがあります

日本で生活をしていく中でいろいろな書類に自分の印鑑を押すことがあります。
良くあるのが書類に自分の名前を署名した後にその名前の右側に自分の印鑑を押すことがあります。


そして印鑑といっても重要なものからそうでないものまでいろいろあります。

印鑑の通販情報が様々な条件で検索可能です。

そしてまずシャチハタというものがあります。

シャチハタはいろいろな文房具店で簡単に買うことができます。

また印を押す時の朱肉も必要ありません。



主に郵便物を受け取った時に印を押したり、また会社に勤務をしている場合で業務の連絡事項の回覧板などに自分は見ましたということを示すために印を押したりするときに使用することになります。


シャチハタは一番簡易な印鑑であると言えるでしょう。印鑑の注目度はますます高まっています。
印鑑の詳細は専用ホームページで紹介しています。

次に認印です。


認印は普通の印鑑です。そして印を押す時はシャチハタと違い朱肉を使用して印を押すことになります。

認印は自分の名前を署名してその右側に印を押すときに使用します。
そして印鑑の種類は特に問わないのですがシャチハタではダメという場合で認印を使用することになります。

銀行の届出印やいろいろな契約をして自分の印を押印する場合に使用されることになります。

そして人の中で一番重要な印鑑と言えば実印でしょう。
実印とは市区町村に登録をした印鑑です。

そして実印であることを証明する証明書をその届け出た市区町村から取得することが可能です。そして実印を使用する場合は自分の本人確認が必要であるような重要な契約をする時に使用することになります。
まず何か事業をしている人が事業資金の融資を受ける場合などに銀行などの金融機関と契約をすることになります。



そしてその際に契約書に自分の名前を署名してその名前の右側に実印を押印することになります。


またマイホームを購入する時や家を売却するときなども不動産売買の契約を結びます。

そしてその際にも契約書に自分の名前を署名して実印を押印することになります。

また不動産の登記手続きをする際にも実印を押印をすることがあります。

このように印鑑にもいろいろな種類のものがあります。